ほどよい酸味でべったりせずサラッとした甘口のランブルスコは、肉料理やクセのある料理によく合います。コクはあるのに渋みはなくまろやかで、おつまみなしでも楽しめてしまうランブルスコ。
おしゃべりしながら映画を観ながらと家飲みにもとってもオススメです。

イタリアン・コークと呼ばれるほどフランクに愛されているまさに庶民の味であるランブルスコとピッツァの手軽さはこれ以上にない名コンビ。夏には氷を入れて飲むほど気軽な飲みものなんです。
洋食はもちろん和食などいろいろな料理に合わせて楽しんでください。

このヴィーニャ・ディ・テドラはいろいろな食材やシーンに合わせることのできる可能性の広がるランブルスコです。洋食はもちろんですが、和食と合わせても面白いですね。
豚の角煮や鰹のたたき、ちょっと辛めの麻婆豆腐などの中華にもよく合います。しっかり冷やしてスッキリとすこし高めの温度では長い余韻が楽しめます。